PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

婚活・恋活

マッチングアプリとは?仕組みや使い方だけでなく危険性についても分かりやすく解説!

2023年12月20日

マッチングアプリとは?仕組みや使い方だけでなく危険性についても分かりやすく解説!

出会いを見つける手段として一般化してきたマッチングアプリ。恋人探しから友達探しまで幅広い目的で利用できるのが特徴です。

マッチングアプリは一般的な出会いの手段の一つになったとはいえ、知らない人といきなり会うことに恐怖感を覚えますよね。また、「マッチングアプリはやめたほうがいい」と周囲の人からいわれて、アプリの利用の一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、そもそもマッチングアプリとはどんなアプリなのかを詳しく解説します。マッチングアプリの仕組みや使い方、料金体系、出会い系アプリとの違いなど、基本的な情報や、アプリにおける危険性も解説していきます。

この記事を参考に正しい知識を身に付けて、マッチングアプリを使ってみましょう。

目次

マッチングアプリとは?

マッチングアプリとは?

マッチングアプリとは、オンライン上で恋愛や結婚したい男女を繋ぎ、その出会いをサポートするサービスを提供しているアプリのことです。

オンライン恋愛サービスともいわれ、自分にもっとも相性のよい異性を価値観や目的などアプリ内のさまざまな項目から探すことができます。代表例は「Pairs(ペアーズ)」や「With(ウィズ)」、「Tapple(タップル)」、「Tinder(ティンダー)」です。

マッチングアプリの最大の特徴は、スマホ1台でどこでも異性と繋がれること。街コンや合コン、結婚相談所を利用せず、いつでもどこでも好みの異性とマッチングできるのが魅力です。

マッチングアプリのユーザー層は20~50代と、幅広い年齢層に利用されています。実際にアプリを始めるなら、自分の年齢に合わせてアプリを選ぶことがおすすめです。

マッチングアプリの目的は恋愛・結婚が基本

マッチングアプリは恋活や婚活のサポートに特化しているのが特徴のため、「恋人探し」や「結婚相手探し」が主な目的です。

そのため、マッチングアプリは大きく「恋活」・「婚活」と2つの目的で分類することができます。

目的 代表的なアプリ
婚活 ・Omiai(オミアイ)
・youbride(ユーブライド)
・marrish(マリッシュ)
・ゼクシイ縁結び
・アンジュ
恋活 真剣 ・Pairs(ペアーズ) ・with(ウィズ)
・CoupLink(カップリンク)
・イブイブ
気軽 ・tapple(タップル)
・tinder(ティンダー)

恋活アプリはさらに「真剣度高めな人が多く集まるアプリ」と「気軽な出会いを求めている人が多く集まるアプリ」に分かれます。

婚活・恋活どちらの目的でも、真剣に恋人や結婚相手を探しているユーザーが多いです。

しかし中には、身体目的のいわゆる「ヤリモク」や、詐欺やマルチ商法目的の業者もいます。そのようなユーザーに出会う確率を下げるためには、真剣度の高いユーザーが集まるアプリを選ぶことがおすすめです。

真剣度の高いユーザーが集まりやすいアプリは、セキュリティ対策や悪質ユーザーへの対応がしっかりしているので、安心してマッチングアプリを利用することができます。

マッチングアプリと出会い系の違いは何?

マッチングアプリとよく比較されるのが、「出会い系アプリ」。アプリよりも「出会い系サイト」という言葉に馴染みがあるかもしれません

実は、出会い系アプリ・サイトもマッチングアプリと同じでオンライン上で恋人を探すサービスのことです。しかし、マッチングと出会い系は、利用目的などいくつかの違いがあります。

マッチングアプリ 出会い系
主な目的 ・恋活・婚活 ・セフレ探し・パパ活/ママ活・浮気/不倫
利用者層 20~30代 10代~40代
利用方法 アプリ アプリ
料金形態 月額定額性
(毎月決まった額が引き落とされる)
従量課金制
(サービスを使った分が引き落とされる)
本人確認 必須 ない場合もある
安全性(サクラや業者) 高い 低い

マッチングアプリは主に恋活や婚活といった真剣な出会いを求めている人が多いアプリです。

一方で、出会い系はセフレやパパ活・ママ活などの援助交際、浮気が目的のアプリ。真剣な出会いを求めている人が少ないので、運営の監視体制もゆるく、通常のマッチングアプリよりも業者が多いのが特徴です。

本人確認を実施していないアプリもあるので未成年者も登録しています。そのため、犯罪の発生率も高く、通常のマッチングアプリと比べて安全性は低いといえます。

また、アプリ内のサービスを使った分だけ課金される従量課金制なのも、出会い系の特徴です。

マッチングアプリはより身近な出会いの場になってきている

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが20代~40代に向けて行った調査によると、若い世代ほどマッチングアプリの利用状況が高い傾向にあるそうです。

現在利用していると答えた20代が12.3%、30代が8.4%、40代が3.6%と、20代と40代の差は、3倍近くあります。しかし、「過去3年以内に利用していた」まで含めると、20代が28.9%、30代が16.6%、40代が6.8%で、20代・30代が中心ではありますが、40代にも新しい出会いの場として広まっていることがわかります。

これまで以上に、マッチングアプリが身近な出会いの場として定着していることも伺えます。

マッチングアプリの仕組み|アプリによってマッチング方法に違いがある

マッチングアプリの仕組み|アプリによってマッチング方法に違いがある

マッチングアプリで異性と出会うためには、マッチングアプリの仕組みを理解しておく必要があります。

まず気になる異性を探し「いいね!」を送ります。その後、相手からも「いいね!」が返ってきたらマッチング成立です。マッチング成立後、メッセージのやり取りができるようになります。

このようにマッチングアプリでは、自分から気になる異性にリアクションを送ることで、相手に気が付いてもらえる仕組みになっています。マッチングアプリに登録したら勝手にマッチングが成立するわけではありません。自分から意思表示することが大切になってくるのです。

【マッチングアプリ別】マッチングの仕組みの違い

マッチングアプリは「スワイプ型」と「検索型」の2つのタイプに分類できます。

スワイプ型アプリではランダムに表示される相手を左右にスワイプすることで、「いいね」を送ることができます。相手がランダムに表示されることから、容姿や雰囲気を重視する人にはおすすめのアプリです。

一方、検索型アプリは指定した検索条件に当てはまるユーザーが一覧で出てきます。

条件を自分で設定することができますので、より簡単に自分の理想に近い相手を探せるのもポイントです。また、検索型アプリのほうが真剣な出会いを求めているユーザーが多い傾向にあります。

「スワイプ型」と「検索型」の代表的なアプリは以下の表の通りです。

tinder・tapple with・pairsなど ゼクシィ縁結び・ブライダルネットなど
相手の検索・表示方法 スワイプ型 検索型
料金体系(男女別) tinderは男女無料
※tappleは男性有料(メッセージ機能の解放)
男性有料・女性無料(一部有料) 男女ともに一部有料

検索型アプリに分類される with・pairsは、相手のプロフィールを見ずとも「いいね!」できる機能があります。

両アプリには検索結果やプロフィールに一言コメントを掲載できる「つぶやき」機能があり、つぶやきに「いいね!」を送ることが可能です。

また、pairsは同じ趣味や価値観の人が集まる「コミュニティ」機能があり、相手が登録しているコミュニティに「いいね!」を送ることができます

通常の「いいね!」の送り方にプラスし、別の方法でも「いいね!」が送れるアプリを選べば、マッチング率の向上にもつながりますよ。

マッチングアプリの使い方|手順はシンプルで気軽に始めやすい!

マッチングアプリの使い方|手順はシンプルで気軽に始めやすい!

マッチングの仕組みがわかったら、さっそくマッチングアプリを使ってみましょう。ここからは、マッチングアプリを始めてから退会するまでの流れを解説していきます。

  1. マッチングアプリに登録する
  2. プロフィールを設定する
  3. 気になる相手に「いいね!」を送る
  4. マッチングしたら、メッセージのやり取りを始める
  5. メッセージのやり取りで仲を深めて、デートに誘う
  6. 3回目のデートで告白する
  7. カップルになれたら、アプリを退会する

マッチングアプリへの登録が済んだら、プロフィールを設定しましょう。その後、気になる異性を見つけたら「いいね!」を送ってください。相手からも「いいね!」が返ってきたら、マッチング成立です。

マッチング成立後はメッセージのやり取りで仲を深め、デートへと誘いましょう。初回のデートで、うまくいかなかった場合は、またさらに気になる人を探してくださいね。

もし初回のデートから2回目のデートとつなげられたら、3回目のデートで告白できるようにさらに仲を深めていきます。3回目のデートで告白し、相手からOKが来たらアプリを退会しましょう。

告白にOKをもらったときに男女一緒にアプリを退会するのがおすすめです。せっかく付き合ったのに片方がアプリを続けていたら信頼関係も築けなくなってしまいます。なので、2人一緒にアプリを退会するのがよいでしょう。

基本的にいいお相手が見つかるまで、3~5のステップを繰り返します。繰り返す中で、自分にぴったりなお相手が見つかるでしょう。

マッチングアプリを上手に使うためのポイント

マッチングアプリを上手に使うためのポイントは、主に3つあります。

  • 自分が「いいな」と思った人に「いいね!」を送る
  • プロフィールは充実させておく
  • メッセージの一言目は、テンプレではなく「相手のプロフィールを読んだこと」が伝わる文にする

男女ともに課金しないかぎり、「いいね」の数には限りがあります。そのため、無作為に「いいね」を送ったりせず、「自分がいいな」と思った人にのみ「いいね」を送りましょう。

無作為に「いいね」を送ってしまうと、本当に好きなタイプではない人ともマッチングしてしまう可能性が高くなります。「いいね」も減ってしまうし、無駄なやり取りを増やすことになってしまうので、「自分がいいな」、「話してみたいな」と感じた人に「いいね」を送ってくださいね。

「いいね」をもらいやすくする、マッチング率を上げるためにはプロフィールを充実させるのは必須です。プロフィールを充実させることで、真剣度が伝わります。もしプロフィールを充実させないまま、マッチングアプリを続けてしまうと、ヤリモクや遊び目的だと勘違いされてしまうので、プロフィールの充実はマッチングアプリで恋人を作るなら不可欠です。

マッチング後に送るメッセージの一言目は、テンプレ以外を使用しましょう。特に女性は、同じようなメッセージを何度も見てきているため、飽きてしまっています。「はいはい、また同じパターンね」と思われてしまうと、メッセージのやり取りが続かず、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

メッセージを送る前にはお相手のプロフィールをしっかり読み込み、自分なりにメッセージを考えて送ってください。

マッチングアプリのメリットは「手軽さ・出会いの多さ・コスパの良さ」にある!

マッチングアプリのメリットは「手軽さ・出会いの多さ・コスパの良さ」にある!

マッチングアプリのメリットは以下が挙げられます。

  • 多くの人に出会うことができる
  • 自分が求める条件の人を探しやすい
  • どこにいても出会いを探すことができる
  • 街コンや結婚相談所を利用するより安い

マッチングアプリは登録するだけで、そのアプリに登録している多くのユーザーと出会うことができます。例えば、街コンや合コンでは、その場にいる数人としか出会うことができないので、自分の好みに合わなかった場合は、また次の会に参加して、良い人に出会う機会を待つしかありません。

しかし、マッチングアプリはどこにいても自分の条件に合う人を探すことができるので、何度も街コンや合コンに参加する必要はなくなります。

スマホがあればいつでもどこでも相手を探すことができるので、忙しい人でも効率的に恋人を探すことができるのもメリットです。

また、マッチングアプリは街コンや結婚相談所を利用するより安いので、コスパよく出会いが見つかるでしょう。街コンの1回あたりの参加費は、男性で4,000~7,000円、女性で2,000~4,000円です。また、結婚相談所は、入会金や登録料、初期費用、月会費、お見合い料金、成婚料を含めて100,000~400,000円ほどかかります。

一方で、マッチングアプリは男性で月額4,000円前後、女性は基本的に無料となっているので、圧倒的に安く恋人を探すことができます。

マッチングアプリのデメリットは「遊び目的がいる・お金がかかる・プロフ詐欺の可能性」の3つ

マッチングアプリのデメリットは「遊び目的がいる・お金がかかる・プロフ詐欺の可能性」の3つ

マッチングアプリはメリットがたくさんある一方で、デメリットもあります。

  • 遊び目的の人がいる
  • お金がかかる
  • 写真と実際の印象が違う場合がある
  • 詐欺や業者といった危険人物もいる

マッチングアプリは一定数遊び目的で利用している人もいます。そのため、遊び目的かどうか見分ける必要があります。

マッチングアプリの特徴として男性は有料会員にならなければ、メッセージのやり取りができません。さらにデート代も男性が負担することが多いと思うので、男性は比較的多くお金がかかってしまうでしょう。婚活アプリなら、男女ともに有料なアプリが多いので女性も月額料金を払う必要があります。

プロフィールに掲載している写真が実際の印象と違う、もしくはプロフィールに記載されている年収があまりにも高すぎるといったことも。このような人物は危険人物の可能性が高いので要注意です。怪しいな、と感じたらすぐに距離をとるなど対策しましょう。

マッチングアプリのデメリットを最小限にするためにはどうすれば良い?

マッチングアプリのデメリットを最小限に抑えるには、以下のポイントを知っておくとよいでしょう。

  • 1ヶ月当たりの料金が安くなる課金方法を選ぶ
  • 写真の加工が強い人とは会わない
  • 要注意人物の特徴を押さえておく

マッチングアプリは1ヶ月ごとの都度課金のプランだけではなく、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月とプランが設定されていることが多いです。1ヶ月ごとに課金するよりも、3ヶ月など長期プランを選んで課金したほうが月々の費用を抑えることができます。

明らかに写真の加工が強い人物を会わないことが、プロフィール詐欺に引っかからないポイントです。目が大きすぎる、顔が小さすぎる、肌が白すぎる、など違和感がある写真だった場合は、プロフィール詐欺の可能性が高いので、マッチングしても極力会わないようにしましょう。

マッチングアプリに潜む要注意人物はいくつかの特徴があります。マッチング後、すぐに会おうとしてきたり、月収○○万円以上稼げる方法がある、と急にビジネスの話をしてきたり、と特徴はさまざまです。これらの特徴を押さえておくことで、要注意人物と会う確率を下げることができます。

詳しくは「マッチングアプリで避けるべき要注意人物一覧【男性編】|見分け方とひっかかってしまった場合の対処法を紹介」で、要注意人物の特徴を確認してみてください。

マッチングアプリの料金はいくらかかる?月額の相場は4000円前後が多い!

マッチングアプリの料金はいくらかかる?月額の相場は4000円前後が多い!

マッチングアプリの月額料金の相場は、4,000円前後です。アプリによって料金が異なってくるので、下記の表を参考に自分にとってコスパのよいアプリを選びましょう。

Pairs with タップル Omiai Tinder カップリンク マリッシュ ゼクシィ縁結び youbride アンジュ イヴイヴ
会員数 2,000万人 800万人 1,700万人 900万人 1,070万人 200万人 200万人 140万人 240万人 70万人 200万人
利用目的 2,000万人 800万人 1,700万人 900万人 1,070万人 200万人 200万人 140万人 240万人 70万人 200万人
料金 男性
1,650円〜3,700円/月
女性:無料
男性
1,833円〜3,600円/月
(1週間プラン※21歳以下限定 1,400円)
女性:無料
男性
1,817円〜4,400円/月
女性:無料
男性
1,900円〜3,900円/月
女性:無料
ios(男女同額)
1,190円〜4,300円/月
男性
4,600円~15,800円
女性:無料
男性
2,650円〜3,400円/月
女性:無料
男女同額
2,640円〜4,990円/月
男女同額
2,400円〜4,500円/月
男性
1,566円〜3,800円/月
女性:無料
男性
2,083円〜3,800円/月
女性:無料

コスパのよいアプリを選ぶなら「Pairs」が最もおすすめです。月額料金の安さだけではなく、トップクラスの会員数なので、どの地域に住んでいても出会いがあるでしょう。

21歳以下なら「with」もおすすめ。アプリデビューにはもってこいの価格設定となっています。

結婚を見据えて恋活をしたい、もしくは婚活をしたいならOmiaiがおすすめです。会員数は900万万人と多いただけではなく、名前の通り真剣に恋人を探している人が多いのも特徴。

目的や年齢によって、コスパのよいアプリは変わってきますので、比較表を参考にしつつ、自分にぴったりのアプリを探しましょう。

関連記事:「マッチングアプリおすすめ比較ランキング11選!おすすめのアプリも合わせて徹底解説」

マッチングアプリの料金をちょっとでもお得に支払う方法は?

マッチングアプリを利用するなら、少しでもお得になる方法で月額料金を支払いたいですよね。以下の方法なら、お得に月額料金の支払いができます。

  • Webブラウザか版からクレジットカード決済を選択する
  • クレジットカードのポイント還元を利用する

実は、Webブラウザ版からクレジットカード決済を選んだほうがお得に課金ができるのです。一般的にマッチングアプリの決済方法は、クレジットカード決済とキャリア決済の2種類があります。

キャリア決済を選んでしまうとGoogleやAppleを経由するため、手数料が上乗せされます

一方で、クレジットカード決済は直接決済が可能なため、手数料もかからないのが特徴。その分、料金も安くなっています。

また、Webブラウザ版からログインして課金の設定を行ったほうがより安く利用できます。アプリ版の場合もGoogleやAppleを経由するため、手数料がかかってしまうからです。

そのため、アプリで会員登録を済ませた後、Webブラウザ版に再ログインしてクレジットカード決済を選択するのがもっともお得にマッチングアプリを利用できます

また、クレジットカードのポイントが貯まっている人は、ポイント還元を利用することでよりお得に利用できるでしょう。

【男女共通】マッチングアプリで「好みの異性」と付き合うためのポイント!

【男女共通】マッチングアプリで「好みの異性」と付き合うためのポイント!

マッチングアプリで「好みの異性」と付き合うために、意識しておくポイントがあります。それは以下の5つです。

  • プロフィールを充実させる
  • 言葉遣い・身だしなみ・身の振る舞い方の3つを意識する
  • デートの約束は「電話」で心の距離を縮めておくとOKがもらいやすい
  • 焦りを見せるのはNG!相手が心を開いてくれるまでは丁寧にアプローチを
  • 告白はシンプルがベスト!回りくどさは不要

上記5つのポイントは、「理想の異性」と付き合うためには不可欠なもの。それぞれの大事な理由をしっかり押さえて、最高の彼氏・彼女を探しましょう。

1プロフィールを充実させる

まず大切なのは、プロフィールを充実させること。マッチングアプリのプロフィールは埋めるべき項目が複数あります。真剣に恋人探しをしているのであれば、全ての項目を漏れなく埋めておくことが大切です。

記入が面倒くさく、埋まっていない項目が多いと興味を示してもらえない、もしくは業者やヤリモクなどの危険人物だと思われて、「いいね!」数も増えません。その結果、マッチング率も下がってしまうでしょう。

相手に興味を持ってもらうにはプロフィールの項目は全て埋めておくのがベスト。また、プロフィールの1枚目の写真は、自分自身の写真にするのが1番です。顔がはっきりわかる写真を載せましょう。写真がない場合は自撮りよりも、友達に撮ってもらう方が自然な印象を与えられますよ。

写真も2枚以上追加して、人となりをアピールしていきましょう。2枚目以降の写真は趣味に関する写真や、全身がわかる写真がおすすめです。

オフライン上の恋活・婚活は顔写真含めたプロフィール情報で、いかに好印象を残すかが理想のお相手を見つけるために最も重要な要素。まずは、異性に興味を持ってもらえるように整えることが、理想のお相手と付き合うための第一ステップです。

2言葉遣い・身だしなみ・身の振る舞い方の3つを意識する

マッチングできたらメッセージのやり取りから始まり、デートへ誘いましょう。

この時大切にしたいのは、言葉遣い・身だしなみ・身の振る舞い方です。当たり前ですが、初めての人と会う話すときは、第一印象がとても重要。メッセージのやり取りを始めたときは、いきなりタメ口で話すことはせず、丁寧語で話始めましょう。

デートでは、身だしなみもよく見られています。男性ならシャツやパンツなど着ている服にシワがないか、靴はボロボロではないか、髭はそっているかをチェックしてからデートに向かいましょう。女性もブラウスやスカートにしわがないか、襟にファンデーションがついていないか、厚化粧していないか、靴のかかとが擦り切れていないかをよく確認してください。

メッセージのやり取りや通話、デートに限らず身の振る舞い方も気を付けましょう。つまらないからと急に不機嫌にならない、相手を思いやる行動を忘れない、といったことを頭に置いて行動してくださいね。

3デートの約束は「電話」で心の距離を縮めておくとOKがもらいやすい

メッセージのやり取りの中でデートに誘うより、1度電話を挟んで心の距離を縮めておくとお相手からOKがもらいやすいです。

メッセージのやり取りだけだと、その人の雰囲気が伝わりにくく、特に女性はいきなり会うことにためらう人もいます。初めての人に会うのが怖くて、当日ドタキャンになる可能性も。あらかじめ通話をして、ある程度仲良くなっておくと、デートもスムーズに誘えますし、ドタキャンの確率も下げることができるでしょう。

4焦りを見せるのはNG!相手が心を開いてくれるまでは丁寧にアプローチを

恋人がほしいからと焦ってアプローチをするのはNG。急に距離を縮めようとはせず、相手のペースに合わせましょう。

メッセージのやり取りはもちろんですが、通話やデートを重ねて徐々に仲良くなることを意識してください。

多くの人はマッチングアプリで出会ってから約1~3ヶ月でカップルになっています。このくらいの期間を目安に丁寧にアプローチを続けてみましょう。

5告白はシンプルがベスト!回りくどさは不要

告白はシンプルかつストレートに気持ちが伝わる言葉が一番です。

「好きです。僕/私と付き合ってください。」という一言が一番相手に誠実さが伝わります。さらに気持ちを伝えたい場合は、「○○さんの笑顔がとても好きです。この先も笑顔を見ていたいと思いました。」、「仕事熱心で真面目な○○さんを尊敬しています。」といった、相手の魅力的なポイントを付け加えるとよいでしょう。

もちろん、最後に「付き合ってください」の一言は忘れないように。

振られたら恥ずかしい、という気持ちは一旦脇において、真っ直ぐ気持ちを伝えてみてくださいね。

自分の目的に合ったマッチングアプリの選び方

自分の目的に合ったマッチングアプリの選び方

マッチングアプリを始めるなら、自分に合ったアプリを使うことが恋人を作るためにもっとも重要なポイントです。自分に合ったアプリの選び方は、主に以下の4つが挙げられます。

  • アプリを使う目的を考える
  • 安全に使えるアプリかどうか
  • 会員数はどのくらいいるか
  • 登録しているユーザーの年齢層

マッチングアプリはアプリごとにそれぞれ特色があります。そのため、アプリを始める前に自分がアプリを使う目的を明確にしておくと、アプリ選びの失敗が減るでしょう。

安全に使えるアプリかどうかもとても重要です。本人確認が必須のアプリなら、なりすましや業者も少なく、安全に利用できるでしょう。また、通報システムや怪しい人物がいないか監視するシステムがあるかもチェックしておくと、安全に利用できます。

会員数の多さもマッチングアプリでは、確認しておくべき項目です。会員数が少ないと、その分出会える異性も少なくなります。特に地方在住の人なら、会員数が多いアプリを選びましょう。

登録しているユーザーの年齢層が自分と離れすぎていないかも要チェック。たとえば、自分は20代で、登録者の多くが30代後半~40代だと、年齢層が離れているためマッチングしにくくなってしまいます。自分の年齢と近い年齢層が多く登録しているアプリを利用するか、もしくは会員数が多くて幅広い年齢層が登録しているアプリを利用すると、マッチング率も上がるでしょう。

年齢や目的によって、アプリを正しく選ぶのがマッチングアプリで成功するコツ。より詳しくおすすめのアプリや選び方を知るなら、「【2023年11月】マッチングアプリおすすめ比較ランキング11選!年代・目的別におすすめのアプリも合わせ徹底解説」をご覧ください。

マッチングアプリは危険?お金がもったいない?気になる疑問を一問一答形式で解決

マッチングアプリは危険?お金がもったいない?気になる疑問を一問一答形式で解決

ここではマッチングアプリについての疑問についてお答えします。

最後にこちらをみて、疑問を払拭してくださいね。

マッチングアプリを使うのは危険ですか?

マッチングアプリは基本的に危険なものではありません。

しかし、中には危険人物も混ざっていることも。危険人物と会わないようにするには、「いいね!」をくれた相手が、本人認証を行っているか、写真が加工しすぎていないか、メッセージのやり取りで不信感を感じないかを確認しましょう。

1つでも当てはまるポイントがあれば、その人とマッチングする、もしくはデートすることを避けるようにすると、比較的安全に使えます。

また、セキュリティ対策に力を入れているアプリを選べば、さらに危険人物に出会う確率も低くなるでしょう。

マッチングアプリなんてお金がもったいないと言われている理由はなんですか?

アプリ自体のダウンロードは無料ですが、男性は女性とマッチングして実際に会うために、有料会員にならければいけないことから、マッチングアプリにお金を使うのはもったいないという意見も多いようです。

マッチングアプリの月額料金の相場は4,000円前後なので、20~30代の若い世代にとっては安い値段とはいえません。

また、課金したのに誰ともマッチングできなかった場合のリスクを考え、マッチングアプリにお金を使うのはもったいないと感じるのでしょう。

マッチングアプリはやめとけと知人に言われてしまったのですが、やはりやめておいたほうが良いでしょうか?

「マッチングアプリはやめとけ」といわれることが多いのは、以下の理由が挙げられます。

  • 自分から積極的に行動しなければならない
  • マッチングアプリのメッセージのやり取りに疲れる
  • マッチングアプリの通知が気になり依存してしまう
  • 「男は年収・女は年齢」などスペックが結局重視されてしまう
  • 理想の人に出会うことが難しい

積極的に動けない人には、マッチングアプリはあまりおすすめできません。特に男性なら、自分から「いいね」を送らないとマッチングさえもできないからです。

マッチングしてすぐデートができるわけではなく、何回かメッセージのやり取りをした後に会うため、時間もかかります。また、複数人同時にメッセージのやり取りを行うので、以外と疲れがたまってしまうのです。

アプリの通知をオンにしているなら、「いいね」がくるたびにスマホを確認してしまうので、依存気味になってしまうことも。

顔とスペックが結局重視されてしまい、なかなか出会いに恵まれない可能性もあります。

理想の人にも必ず出会えるわけではないので、お金を無駄にした、と感じる人もいることから、「やめとけ」といわれるのでしょう。

しかし、マッチングアプリはうまく使えばいつでもどこにいても、恋人探しを始めることができます。アプリを利用する目的を明確にして、ダラダラアプリを使い続けないようにするとよいでしょう。

自分の中である程度ルールを決めてアプリを利用すると、お金も時間も無駄にならないのでぜひ試してみてください。

関連する記事

おすすめ記事