PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

婚活・恋活

マッチングアプリの断り方をシーン別に徹底解説!会う前や会った後にも使える例文をご紹介

2024年03月28日

マッチングアプリの断り方をシーン別に徹底解説!会う前や会った後にも使える例文をご紹介

「マッチングアプリでデートに誘われたけど断りたい、何か当たり障りのない断り方はないものか」

こうした悩みを抱えている人が今、記事を読んでいるのではないでしょうか。赤の他人とはいえ「何かを断ること」は少し抵抗がありますよね。

そこで、この記事ではこうした「優しさゆえ断り方がわからない」というマッチングアプリユーザー向けに、きまずくない断り方を紹介します。

目次

マッチングアプリで断る・断られるのは当たり前!後ろめたさを強く感じる必要はなし

前提として、マッチングアプリは「同時進行」が基本で、誘いを全て受けるのはほぼ不可能です。ですから、マッチングアプリで相手からのデートのお誘いや電話の提案を断ることは悪いことではありません。

むしろ、マッチングアプリ上では「断られる・断る」ことは当たり前のことといえます。ですから「断ったら相手に悪いな…」と必要以上に後ろめたさを感じる必要はありません。

とはいえ「断る行為のうしろめたさ・きまずさ」は少しでも軽減させたいですよね。安心してください。次章では、マッチングアプリにおける「上手な断り方」を紹介します。

【シーン別】マッチングアプリの断り方|きまずさを軽減させるためのコツとは?

それでは、ここからはシーン別に「マッチングアプリの上手な断り方」を紹介します。

  • 初デートの誘いを断る場合
  • 2回目以降のデートを断る場合
  • 一度OKした会う約束を断りたい場合
  • SNSの交換を断る場合
  • 顔写真交換の提案を断る場合
  • 電話のお誘いを断りたい場合
  • 彼氏彼女ができたから他の人と会う約束を断る場合

自分の境遇に近いものを選んで、どんな断り方がベターなのか確認していきましょう。

筆者

シーン別の断り方だけでなく「気まずくならないコツ」と「最強お断りフレーズ」も順に紹介しているので要チェックです。

相手からの提案を断る際に気まずくならないためのコツ

まずは精神論です(笑)マッチングアプリは断り・断られの世界ですから、マッチした相手全員と仲良くなったりデートにいくことは無理です。

リアルな場(職場や大学等)では、同時進行で気になる人にアプローチしたり、デートの誘いを断ると人間関係がギクシャクすることもあります。しかし、マッチングアプリでは「ほぼ相手との繋がりがない状態」でスタートしますよね。

ですから、リアルとマッチングアプリでは心持ちが違う!ということを念頭に置いておきましょう。

また「この人とは気が合わない、次のステップはなさそう」と感じたのであれば、誘いを断ったあとに「マッチ解除」や「非表示」にしておくことをおすすめします。

そうすれば「今あなたが気になっている人」にアプローチすることに専念できますからね。

誰に対しても使える最強のお断りフレーズは「他の人とお付き合いすることになった」

ほぼこれだけで良いのでは!?と思える最強お断りフレーズは「他の人と付き合うことになった」です。

マッチングアプリではよくあることですし、深追いされるリスクも最小限にできる魔法のフレーズといえます。

相手からしても「それなら仕方ない」と思ってくれますし、タイミングが悪かったんだなと諦めてくれる可能性が非常に高いです。

筆者

乱用するとちょっとした罪悪感が生まれる可能性もあるので「良い人なんだけど僕/私には合わないな」と思った相手や、グイグイしつこくくる相手に絞って使うようにしましょう。

初デートの誘いを断りたい場合

最も多い「お断りシーン」は初デートの誘いを断る場合だと思います。自分はなんとなくやり取りしていたら、相手から急に「今度会って話してみませんか?」と提案されることもしばしば。

特に、女性側は多くの男性からアプローチを受けることが多いので「いちいち断るのも面倒だな」と嫌気がさしてしまうことも。

そんなときは、以下の例文から文脈に合うものを選んでコピペしてしまいましょう。

「相手に悪いな」と思う優しさはあなたの長所ですが、それで「理想の相手」を逃してしまうのはもったいないですからね。

  1. 【完全に脈なしの場合】
    今月は予定が埋まっているので、来月以降空いている日があれば連絡します。(実際には連絡しない)
  2. 【まだ会いたくない場合】
    もう少しメッセージか電話でやり取りしてからでもいいですか?すぐに会うのは抵抗があって…(深追いしてくるようだったらそこで返信をやめる)
  3. 【断っても食い下がってきた場合】
    返信しないorマッチ解除が得策。

2回目以降のデートを断りたい場合

次は、一回会ってみたものの「何か違うな…」と感じているときに、相手から2回目のデートのお誘いがきた場合の断り文句を紹介します。

  1. 【正直に伝えるパターン】
    お誘いありがとうございます。一度会ってみて、〇〇さんとは少し価値観が合わないと感じてしまいました。そんななかで〇〇さんの時間をもらうのも申し訳ないのでやりとりはこれで最後にさせてください。お互い理想の相手を見つけましょう。
  2. 【忙しさを理由にするパターン】
    今月と来月は仕事/学校が忙しいのですみません…また落ち着いたら連絡します。(連絡しないor連絡頻度を落とす)
  3. 【返信速度を極端に落として察してもらうパターン】
    例文ではありませんが、返事を淡白にして返信の期間を空ければ大体の相手は「脈なしだな」と思って諦めてくれます。

一度OKした会う約束を断りたい場合

「会う約束をしたけど無性に行きたくない!他にいい感じの人ができた!」というのもマッチングアプリあるあるです。

ただ、ドタキャンや返信しない等の対応をすると相手の時間をがっつり奪うことになってしまうので、以下のような例文を使うことをおすすめします。

機会があれば会ってみてもいいかなと思っている場合

〜会う約束の3日前くらいに〜

ごめんなさい、体調を崩してしまって予定の日に会うのは難しそうです…また別日にリスケでもいいですか?せっかく時間とってくれたのに申し訳ないです。

完全にやり取りを終わらせたい場合

他に好きな人ができてしまって、今の状態で会うのは〇〇さんにも失礼なので予定はキャンセルでもいいですか?日程を合わせてくれたのにすみません。

筆者

ポイントは変な優しさを出すと「じゃあいつならいい?」と食い下がられる可能性があるので、脈なしなら「脈なしです!」と相手にしっかり伝えるのが真の優しさです。

SNSの交換を断りたい場合

「マッチングアプリ上でのやり取りはいいけど、LINEやインスタの交換はちょっと…」と思うシーンもありますよね。より個人情報に近い「SNS」の交換に慎重になるのは当然のことです。

とはいえ、LINEやインスタのほうがやり取りがしやすく、相手を知るにも便利なツールであるのもまた事実。

おすすめの断り方は、今後いいなと思ったら交換できるようにしておく以下のフレーズを使うことです。

「まだ〇〇さんのこと知らないことばかりなので、通話したりもう少しやり取りしてから交換したいです!」

筆者

上記のような返信をしておけば「気が合うな」と思ったら交換すればよいですし、「やっぱり何か違う」と思ったらフェードアウトすることもできます笑

ただ、デートで会ってからが良いなどの断り文句は機会損失やデートに誘われる可能性を高めることになるので慎重に使いましょう。

顔写真交換の提案を断りたい場合

顔写真交換しない?と提案する相手の99%は「かわいい/かっこいいか知りたい」という目的です。

筆者は自分に自信がなかったので、写真交換を提案されたタイミングでよくマッチ解除してしまっていました(苦笑)

ただ、顔写真交換を渋って会っても、相手の好みでなければ勝率が下がるのが現実です。

「まだ仲良くないから」という理由や「身バレが怖いから」以外の理由がない場合は、交換してみるのがおすすめですよ。もちろん写真はある程度盛ってOKです!笑

では、本題の断る際のフレーズを紹介します。シンプルに前述の理由を伝えればOKです。

「知り合ってからまもない人と顔写真交換するのは抵抗があって…」

「身バレが怖いので会って見たいって思ってからでもいいですか?」

など、顔写真を送らない納得感のある理由を伝えましょう。

電話のお誘いを断りたい場合

電話の断り方はとっても簡単です。自分が得意でも得意でなくても「電話だとうまく話せないから苦手なんです」と言っておけばOK。

電話は気になる人へのアプローチの時間として使いましょう。なんとなくOKすると「なんか時間を無駄にしたな感」に襲われますよ。

彼氏彼女ができたから他の人と会う約束を断る場合

めでたく彼氏彼女ができたから他の人との予定や誘いをことわらなければいけない!という場合は、そのまま状況を伝えれば問題ありません。

既に予定を立ててしまっている場合は以下のような内容を送るようにしましょう。連絡せずに退会すると「会う気はあるのかな」と相手が迷ってしまいますからね。

〇〇さんごめんなさい。他の人とお付き合いすることになったのでもう会うことはできません。〇〇さんも良い相手と出会えることを願っています。ありがとうございました。

マッチングアプリで相手からの誘いを断る際に気をつけたい5つのポイント

マッチングアプリ上で使える断り方が分かっても、いくつかの注意点を知らないと「時間の浪費や気苦労」をしてしまうことに繋がります。

具体的には以下の5点を踏まえたうえで、相手の誘いを断るようにしましょう。

  • 変に優しさを出すと相手に無駄な期待をさせてしまうため正直に伝えるのがベスト
  • 時間は有限!会いたい・話したいと思う相手以外はお断りでOK
  • 言葉選びは丁寧に。悪い印象は残さないほうがベター
  • ドタキャン・音信不通になるのは避けるべし。断るならキッパリ断ろう
  • しつこく連絡したり誘ってくる場合は即マッチ解消/ブロックでOK

マッチングアプリとの上手な付き合い方を知る意味でも、それぞれ「どんな点に気を付けるべきなのか」を確認しましょう。

1 変に優しさを出すと相手に無駄な期待をさせてしまうため正直に伝えるのがベスト

マッチングアプリでは「断るときはきっぱりと!」を徹底しましょう。

変に優しさを出して「来月予定が合えば行きたいんですけど…」のような枕詞をつけてしまうと、相手は期待してアプローチを続けてしまいます

ですから「脈なしなら脈なしであること」をしっかりアピールしましょう。それがお互いのためになりますから。

筆者

マッチングアプリでは何万人ものユーザーがいますから、この人しかマッチしないかも…など悲観的になる必要はありませんよ!

2 時間は有限!会いたい・話したいと思う相手以外はお断りでOK

「断るのも申し訳ないし…あんま気乗りしないけど会おうかな」と思っている方はちょっと待ってください。

時間は有限です。今あなたが実践すべき時間の使い方は「付き合ってもいいな」と思う相手にアプローチすることです。

可能性がほぼない相手に割く時間はありません。会いたい・話したいと直感で思わない場合はキッパリお断りしましょう。

優先すべきは「あなた自身の幸せ」ですからね、他人軸でマッチングアプリを使うと疲弊してしまいますよ。

3 言葉選びは丁寧に。悪い印象は残さないほうがベター

ここまで「きっぱり断れ!」と言っておいてなんですが、言葉選びは丁寧にしましょう。

無駄に相手に不快感を与える必要はありませんし、悪印象を抱かれるのも気分はよくないはずです。

仮にも少しはあなたに時間を割いてくれた相手ですから、丁寧な言葉づかいでお断りしましょう。

>>断り方を復習する

4 ドタキャン・音信不通になるのは避けるべし。断るならキッパリ断ろう

マッチングアプリではあるあるの「ドタキャン・音信不通」ですが、あるあるだからといって自分も同じことをするのはおすすめしません。

ドタキャンすればいっかという考えが染み付いていると、普段の言動にもそうした「粗雑さ」が表れるのが人というもの。

より素敵な相手を探したいのであれば、魅力的な自分でいる必要がありますからね。

一度取り付けた約束でも、断りたくなったら素直に「ごめんなさい、行けなくなりました」と一報いれてあげられる人になりましょう。

5 しつこく連絡したり誘ってくる場合は即マッチ解除/ブロックでOK

マッチングアプリには「相手に固執するタイプのユーザー」もいます。

しつこく追いメッセージしてきたり、何回もデートに誘ってくる(断っているのに)場合には、即マッチ解除/ブロックでOKです。

こういう自分勝手な振る舞いが身についている相手と付き合っても十中八九良い未来は待っていません。

断るこっちの身にもなってくれ!誘いがしつこい相手の対処法は即ブロックでOK

再三の助言になりますが、断る側の気持ちも露知らず、ガンガン誘ってくる相手は即ブロックしましょう

逆ギレしてきたり、卑猥な内容を送ってくる場合は「通報」も合わせて行ってあげましょう。

相手の気持ちを慮ることができないユーザーに気を遣う必要はありません。ワンタップでブロックしてさよならでOKです。

マッチングアプリの断り方まとめ

今回はマッチングアプリで相手の誘いを断る方法を詳しく解説しました。断り方のコツは「相手への配慮」と「きっぱり断ること」の2点です。

この2点を考慮して断れば、あなたが感じるきまずさも最小限におさえられるはず。

マッチングアプリは正直「効率性」も重要です。脈なしの相手はきっぱり断って「あなたが今気になっている人」へのアプローチに時間も労力も使うことをおすすめします。

関連する記事

おすすめ記事