PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

婚活・恋活

マッチングアプリの電話の誘い方とベストなタイミングは?通話時に好印象な話題まで解説

2023年10月31日

マッチングアプリの電話の誘い方とベストなタイミングは?通話時に好印象な話題まで解説

マッチングアプリを使っていると「マッチングした相手と電話をしたほうがよい」という話を聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、マッチングアプリを使い始めてそんなに日が経っていないため、どう電話へ誘ってよいかわからず、困っている人もいるでしょう。変なタイミングで電話に誘って嫌われないか、心配という人も中にはいるかもしれません。

この記事では、電話の誘い方や電話へ誘いやすいタイミング、そして通話時に好印象を持ってもらえるコツを紹介します。現在、マッチングアプリで気になる人がいるなら、この記事を参考に通話に誘ってみてください。

目次

電話をするメリットは何?通話をしておくべき理由

電話をするメリットは何?通話をしておくべき理由

マッチングアプリでマッチした相手と電話することにはどんなメリットがあるのでしょうか。メリットとして挙げられるのは、以下の8つです。

  • メッセージでの会話よりも相性を確認できる
  • 相手があなたにどれだけ興味を持っているか確認できる
  • より親密になり、信頼関係が構築できる
  • ライバルよりも一歩リードできる
  • 相手が危険人物かどうかの判断に役立つ
  • デートに誘いやすい
  • 初デート時の緊張を和らげることができる
  • 初デートのドタキャン率を下げることができる

それぞれの理由を詳しく紹介していきます。

メッセージでの会話よりも相性を確認できる

マッチングアプリでマッチした人と通話をすることのメリットの1つは、メッセージでの会話よりも相性を確認できる点です。

相槌を入れるタイミングや話の展開の仕方、面白いと感じるポイント、話すスピードや会話のテンポは、メッセージでは読み取れない部分になります。また、メッセージなら相手にある程度合わせて、「(笑)」をつけるなどして、会話のテンポや笑いのポイントを合わせることがより簡単にできるので、相性が良いように取り繕うこともできますが、通話では素の性格や雰囲気がでますので、取り繕っていない姿を見ることができます。そこから、本当に相性がよいかを探るきっかけになるといえます。

もちろん、通話でも会話のテンポなどを合わせることは可能ですが、話終わった後に「疲れた」、「話してみて楽しくなかった」と感じる場合は、相性がよくない可能性が高いでしょう。

このように、話していて心地が良いかを確認するために通話することが大切です。

相手があなたにどれだけ興味を持っているか確認できる

通話をすることで、相手が自分にどれだけ興味を持っているのか確認ができます

誰しも興味がない相手とは電話をしたくないはず。通話に誘ってみて、承諾してくれたのなら相手も自分に少し興味を持っているのがわかります。

また、電話はテキストよりも感情が伝わりやすいため、自分のことに興味がない場合は会話の内容が雑になったり、電話を早く切ろうとしたりと相手の態度から、自分に興味がないことがわかるでしょう。

実際に会う前に自分への興味度が分かれば、その人に時間を割こうか否かの判断もしやすくなります。

より親密になり、信頼関係が構築できる

通話をすることで、親密さが増し信頼関係が構築できます。理由は、メッセージよりもお互いの感情が伝わりやすく、メッセージのやり取りでは出来なかった深い話もしやすくなるからです。

また、メッセージではわからない相手の雰囲気や内面も知ることができるため、関係を深めやすくなるでしょう。実際に会うまでに少しでも距離を縮めておくことができるので、初回のデートではより仲良くなれる可能性が高まります。

ライバルよりも一歩リードできる

通話をすることで、ライバルに差をつけやすくなることもメリットの一つです。

マッチングアプリには自分以外にも多くのライバルがいます。その中で、メッセージのやり取りだけで会話をしている人とよりも、通話を何回か通話をしている人のほうが距離も縮まっている可能性が高いでしょう。

そのため、気になっている人がいるなら積極的に通話に誘ってみてください。

相手が危険人物かどうかの判断に役立つ

マッチングアプリ側でどんなに対策をしていても、業者や詐欺師、既婚者などの危険人物が必ずいるのが現状です。

危険人物がどうかをメッセージのみで見分けるのが難しいこともあります。そのため、通話をすることで、既婚者や詐欺師ではないかを見分けるのがおすすめです。

ここでは、業者と既婚者をそれぞれどう見分けるのかをさらに詳しく紹介します。

電話で業者を見分けるポイント

業者かどうか見分けるために注目したいポイントは主に以下の3つが挙げられます。

  • 効率重視のため、電話を嫌がる傾向がある
  • 日本語がカタコトである可能性がある
  • お金の話をしてくる

業者の場合、いかに早くお金を払ってもらうかを重視しているので電話を嫌がる傾向にあります。また、アプリに登録している写真と実際に運営している人が全く違う可能性もあるため、通話そのものを嫌がることが多いでしょう。

実際に通話したとしても日本語がカタコトだった場合も注意が必要です。メッセージの日本語もおかしくないかをよく確認してください。本当に日本に来たばかりの人もなかにはいるかもしれませんので、必ずしも業者とは言い切れませんが、注意しておく必要があります。

通話してすぐにお金の話をしてくる場合も業者である可能性が高いので、気を付けましょう。例えば、「簡単に稼げる仕事がある」や「フリーランスとして稼ぐ方法がある」など、お金に関わる話が出たら要注意です。会ってすぐにお金の話をすることは基本ありません。危険人物である可能性が高いので、話には乗らないようにしましょう。

電話で既婚者を見分けるポイント

通話で相手が既婚者かどうか見分けるポイントは以下の3つです。

  • 仕事終わりの家族で過ごす時間の電話を嫌がる傾向がある
  • 外出中しか電話ができない
  • クリスマスなど特別な日は電話ができない事がある

19時〜22時くらいの仕事終わりの時間に通話をすることを嫌がる傾向にあります。仕事終わりは家族と過ごしているので、バレてしまうことを恐れて通話を嫌がるでしょう。仕事終わりの時間に通話できない、と硬くなに断ってくる場合は既婚者の可能性が高いです。

中には外出中しか電話ができない、と言ってくる人もいると思います。例えば、仕事の昼休憩の時間のみ、土日の外出中などです。この場合も既婚者である可能性が高いといえます。普通は自宅にいるときに通話したがる人が多いので、昼休みしか電話できないなどといわれた場合は既婚者の可能性が高いので、充分注意しましょう。

既婚者ならクリスマスといった特別なイベントがある日は通話に応じてくれません。特別なイベントなどに通話をしていると家族にバレる確率がぐっと高くなってしまうため、断ってくるでしょう。イベントがある日に通話を断れたら、既婚者である可能性が高いので次の相手を探すことをおすすめします。

デートに誘いやすい

デートに誘いやすい点も、通話のメリットといえるでしょう。

会話が盛り上がれば、「一緒に話していて楽しい」「実際に会ってみたい」という気持ちが自然と湧いてきます。このような気持ちが自然と湧き上がってきたときこそ、デートに誘いやすいでしょう

「話してみて楽しかったから」という理由だけではなく、デートの計画をその場で立てることもでき、メッセージよりも早く関係を進めることができる点も通話ならではです。

初デート時の緊張を和らげることができる

初めてのデートで、それも初対面の相手ならば誰でも緊張してしまうでしょう。できる限り緊張を和らげたいと思う人も多いと思います。

初デートの緊張を和らげるためにも、通話をしておくことがおすすめです。予め通話で相手の雰囲気を知っておくことで、初デート当日の緊張を和らげることができます

緊張して自分らしく振舞えない、と悩む方はぜひ一度通話をしてからデートに向かうとよいでしょう。予め相手に自分がどんな人か知ってもらえば、当日も緊張しすぎることがなく、初デートを楽しめますよ。

初デートのドタキャン率を下げることができる

通話をしてから初デートを迎えることで、初デートのドタキャン率を下げることができます。

マッチングアプリで多いのは、会う約束をしたのに当日ドタキャンになってしまうこと。理由はいろいろありますが、相手がどんな人かわからず恐怖心からドタキャンしてしまう人もいます。

通話をして相手の雰囲気を知り、ある程度仲を深めておけば、当日ドタキャンを防ぐことができるでしょう。

もちろん通話をしたからといって、100%ドタキャンを防げるわけではありません。しかし、当日ドタキャンされた経験がある人やデートの約束をしているけど、メッセージのやり取りだけでは不安な人はぜひ、通話に誘ってみましょう。仲を深めることを意識すれば、ドタキャンされることもなく、初デートを迎えられますよ

通話を活用すべき人はこんな人!

通話を活用すべき人はこんな人!

実際にマッチングアプリの通話機能を活用すべき人は以下のような人です。

  • 真剣に恋活・婚活をしている本気度の高い人
  • 内面重視の人
  • 初対面だと緊張してしまう人
  • マッチングアプリで知り合った人と会うことに不安がある人

マッチングアプリには必ずといっていいほど業者がいます。真剣に恋活・婚活をしている本気度の高い人は、相手が業者や既婚者ではないかを事前に確認するためにも通話することがおすすめです。

また、メッセージのやり取りだけではその人の性格がはっきりとはわからないので、内面重視の人は一度通話して相手の人となりや雰囲気を確認してみるものよいでしょう。

初対面の人だと緊張してしまう人や、マッチングアプリで知り合った人と会うことに不安がある人も、相手の雰囲気を知るために1度通話をしてから実際に会うという流れにすると、実際に会ってからの緊張も減りますし、危険人物ではないことがわかれば警戒心を強めすぎず会えるので、不安も解消されます。

マッチングアプリで電話に誘うベストなタイミングはいつ?

マッチングアプリで電話に誘うベストなタイミングは以下の3つが挙げられます。

  • 初デートの約束をした後
  • LINEを交換したタイミング
  • メッセージのやり取りが盛り上がったとき

どうしてそのタイミングがよいのか、次から詳しく解説していきます。

初デートの約束をした後

もっともおすすめのタイミングは初デートの約束をした後です。日時やデート場所の相談など、具体的に話す内容があるため、通話に誘いやすいでしょう。

デートの約束が決まる前に通話してしまうと、相手が自分にあまり興味がない段階の可能性が高く、通話を断られてしまうかもしれないからです。

デートの約束をしたタイミングなら、相手も気があり仲良くなってきている証拠なので通話を断られる可能性も低くなるでしょう。

ただし、通話そのものが苦手な人もいますので、断られても「脈なしだ」と落ち込んだり、通話を無理強いしたりすることはしないように気を付けてください。

LINEを交換したタイミング

LINEを交換したタイミングもおすすめです。LINEを交換できるということは、かなり仲良くなっている証拠ともいえます。

また、アプリでのやり取りでは通話に誘うタイミングを逃してしまった、という人もメッセージのやり取りをするツールが変わったときに、改めて誘ってみると不自然だと思われにくいでしょう。

メッセージのやり取りが盛り上がったとき

メッセージが盛り上がったときも通話に誘う絶好のチャンスです。メッセージが盛り上がったタイミングなら、お互いに「話が合う」と感じている可能性があります。

メッセージのやり取りが盛り上がっていないときに、通話に誘ってしまうと警戒心や恐怖心が先に出てしまい、通話を断られてしまうかもしれません。

1〜2回のやり取りではなく、何度か会話のラリーが続いた後に誘ってみるとより通話できる可能性が高まるでしょう。

マッチングアプリの電話の誘い方は?

マッチングアプリの電話の誘い方は?

ここではシーン別に通話への誘い方を紹介します。紹介するシーンは以下の4つです。

  • デートの約束をした時の誘い方
  • LINEを交換したタイミングでの誘い方
  • メッセージが盛り上がったタイミングでの誘い方
  • LINの既読が早く、会話がサクサク進んでいる時の誘い方

どんなシーンでも共通していえることは、誘う時に「少しだけ」や「ちょっとだけ」などの言葉を添えましょう。気軽に話しやすい雰囲気を出すことや、相手が負担に思わないように配慮する必要があるからです。

さらにここでは、通話へ誘う時の例文も紹介しますので、どうやって通話に誘うか迷ったら例文を参考にしてみてくださいね。

デートの約束をした時の誘い方

メッセージのやり取りで、デートの約束をした後が自然に通話に誘えるタイミングの一つです。話す内容は日時やデート場所を決めることになるので、話す内容が明確になっている安心感から、気軽に通話に誘えるでしょう。

また、相手もデート場所や日程などメッセージよりも詳しく話せることがわかっているので、通話の誘いに応じてくれやすいです。

例文

通話に誘うときに使える例文は以下のような言葉になるでしょう。

  • デート場所(日時)を決めたいので、少し電話できますか?
  • 当日緊張しちゃいそうなので、一度通話してもいいですか?

デート場所を決めたい、の他にも当日緊張してしまいそうだから…という理由でもOK。緊張するのは相手も同じなので、通話の誘いに応じてくれる可能性も高くなります。

LINEを交換したタイミングでの誘い方

マッチングアプリ上で、通話へ誘うタイミングをつかめなかった人はLINEを交換したあとがチャンスです。

会話も振り出しに戻りますし、何よりある程度仲良くなっている証拠。この場合、LINEを交換してすぐのタイミングで通話に誘いましょう

例文

LINEを交換したタイミングでの通話の誘い方は以下がおすすめです。

  • LINE交換してくれてありがとう!せっかくだから少し話そう!今電話してもいいかな?
  • LINE交換したし、よかったら10分くらい通話してみない?

LINEを交換したタイミングなら、相手が負担に感じないように気軽に誘ってみるのがポイントになります。

メッセージが盛り上がったタイミングでの誘い方

メッセージのやり取りが持ち上がってきている場合も、通話に誘ってもよいタイミングです。

共通の趣味や好きなもの、価値観が一致していることがわかっているため、通話に誘っても会話が自然と盛り上がりやすいでしょう。

例文

メッセージのやり取りが持ち上がったタイミングで誘うなら、以下の例文を参考にしてみてください。

  • ○○さんと話が合って、とても楽しいです!△△についてもうちょっと話したいなと思ったのですが、よかったら通話しても良いですか?
  • ○○さんとのメッセージのやり取りってとても楽しい!もっと話したいから、10分くらい通話してもいいかな?

まず伝えるべきなのは、「メッセージのやり取りが楽しい」という点。そのあとは、相手が意識しすぎないように軽く誘ってみるのがベストです。

LINEの既読が早く、会話がサクサク進んでいる時の誘い方

相手からのメッセージの返信が早く、会話がスムーズに進んでいる時は、相手に気があるか、暇だからかのどちらかになります。

また、「気が合ってもっと話したい」や「このまま電話できたらいいな」と考えている人も少なくありません。そのため、通話の誘いにのってくれやすいタイミングでもあります。

この場合も、軽く誘ってみる程度でOK。真剣な態度で通話に誘ってしまうと、相手も驚いてしまい、通話を断られる可能性も高くなってしまいますので、注意しましょう

例文

会話がサクサク進んでいるタイミングなら、以下のような例文を用いてみるのもよいでしょう。

  • 今、少し電話できない?
  • メッセージだけじゃなくて、通話してみない?

会話がテンポよく進んでいるなら、「今どう?」とストレートに聞いてみるのがおすすめです。もし断られても落ちこまず、「じゃあまた都合いいときに!」と切り替えると好印象を与えられます。

通話時に好印象な話題は?盛り上がる話題を紹介

通話時に好印象な話題は?盛り上がる話題を紹介

通話をすることになったけど、「何を話したらよいかわからない」と悩む人もいるでしょう。

通話で盛り上がりやすい話題を知っておけば、緊張していても好印象を残せるはず

ここでおすすめする話題は以下の8つです。

  • お互いの趣味について
  • 休日の過ごし方について
  • 相手の声や印象について褒める
  • メッセージでやりとりした話題に触れる
  • 相手のプロフィールに書いてある内容に触れる
  • 仕事の話題
  • 出身地の話題
  • マッチングアプリを始めたきっかけについて

どうして上記の内容がおすすめなのかを解説していきます。

お互いの趣味について

お互いの趣味についての話題は、メッセージであっても通話であっても盛り上がりやすいテッパンネタです。特にお互いの趣味が一緒であれば、より簡単に盛り上がるでしょう。

しかし、相手と自分の趣味が全く違う、始めたばかりの趣味だからそこまで詳しく話せる内容がない、という人もいると思います。このような場合は、自分がわかる範囲やリアクションができる範囲で会話を広げていくように心がけてみましょう。

また、趣味がない人は徹底的に聞き役に回るのもおすすめです。オウム返しで会話をなぞりつつ、「どうして」「どこで」「いつから」など5W1Hを少しだけ意識するだけで、好印象を与えられます。特に女性は話を聞いて欲しい、と思っている人が多い傾向にあるので、聞き役に回ることで相手が喜んでくれ、会話が盛り上がることも。

このように、共通の趣味があったら簡単に盛り上がるし、もし共通の趣味がなくても相手の「聞いてほしい欲」を満たしてあげられたら、仲良くなる可能性も高まるため、趣味の話はおすすめです。

休日の過ごし方について

休日の過ごし方も趣味と同様に会話が盛り上がりやすい話題の一つ。相手の休日の過ごし方を知ることで、相手の人となりがなんとなくわかります

相手の人なりがわかると、自分と相性が合うかどうかを見極めるきっかけにもなるでしょう。趣味と違って、自分と似たような休日の過ごし方をしている人も多いので、会話に苦手意識がある人でも会話を広げやすく、仲良くなりやすいのもメリットです。

また、相手の休日の過ごし方を知っておけば、デートも相手が好きそうなプランを考えることができます。会話の流れでデートに誘うこともできるので、相手と仲を深めつつ、デートに誘える一石二鳥の話題といえます。

相手の声や印象について褒める

初めから話題を振ってしまうのではなく、相手の声や印象について褒めることも通話を盛り上げるうえでは重要です。

初めての通話では、自分も相手も「どう思われているのか」と不安に思っているはず。まずは、「明るい声だから、話している自分も元気になれる」などと声や印象を褒めてみてください。相手が初対面であっても、褒められたら誰でも嬉しい気持ちになります。

相手を安心させたり、嬉しい気持ちにさせたりすることでその後の会話も続けやすくなるでしょう

メッセージでやりとりした話題に触れる

メッセージでやり取りした内容で、もっと話したいことに触れるのもおすすめです。

メッセージでやり取りした内容を再び話題に出すことで、「メッセージの内容を覚えてくれていたんだ」と相手にプラスに思ってもらえるでしょう。また、一度話したことのある話題なら、緊張しすぎずに会話を続けられるので、通話に苦手意識がある人も気軽に会話を始められるきっかけにもなります。

相手のプロフィールに書いてある内容に触れる

相手のプロフィールに書いてある内容も、通話に最適です。相手も自分もすでに公開している情報になるので、気軽に話始められます。

また、プロフィールを参考に好きなものを聞くことで相手の性格や好みを知ることができるでしょう。その結果共通点も見つかりやすく、会話が盛り上がるきっかけがつかめますよ。

仕事の話題

社会人なら1日8時間働いていますし、学生ならアルバイトをしているでしょう。すでにお互いの共通点として「仕事」があるため、趣味や休日の過ごし方より会話を広げやすいかもしれません。

相手が同じ業種、職種であればその職場ならではのあるある話ややりがい、辛いことなどを共有できるので仲を深めやすいはず。もちろん、全く違った業種・職種でも相手の職業から連想させて、質問を考えることもできるでしょう。

聞いたことがない職業であれば、その職業について深掘りするもよいですし、仕事の楽しいところなどを深掘りしていくのもおすすめです。

基本的に大半の人が毎日働いていて、仕事の話のほうが次の質問を考えやすくスムーズに会話を進められる可能性が高いので、趣味などの話に自信がない人は、まずは仕事の話から話始めてみるとよいでしょう。

出身地の話題

マッチングアプリにはさまざまな出身地の人が登録しているので、お互いの地元の話をすることもおすすめです。

出身地が近い場合であれば、その地域の共通の話題などで盛り上がりやすいでしょう。お互いに違う出身地であるならば、その地域の名物や上京してきた時期なども質問してみると、共通点が見つかるかもしれません。

誰でも出身地はあるので、どんな人とも話を広げやすい話題ともいえるでしょう

マッチングアプリを始めたきっかけについて

ある程度趣味や仕事の話をしてしまった後や、最初の話題としてもおすすめなのが、マッチングアプリを始めたきっかけについての話題です。

マッチングアプリは「恋活」や「婚活」など、同じ目的の人が集まっていることが特徴なので、アプリを始めたきっかけも同じことが多い傾向にあります。共通点を探しやすい話題のため、スムーズに会話を進めることができるでしょう。

通話の目的は相手の性格や雰囲気を知って、仲良くなることです。すでにお互いがマッチングアプリに登録しているという共通点を生かして会話を始めることができるので、仲が深まるきっかけを掴める可能性が高くなります。

アプリ内で電話ができるマッチングアプリ3選

アプリ内で電話ができるマッチングアプリ3選

アプリ内で通話ができるおすすめのマッチングアプリは以下の3つです。

  • ペアーズ
  • タップル
  • with

上記3つのアプリは、マッチングアプリ内に通話機能がありオンラインデートもできるため、わざわざLINEを交換しなくてもよいのが特徴です。LINEを交換するのはハードルが高いと感じている人も、これらのアプリを使えば気軽に通話ができます

それぞれの特徴を紹介していきますので、ご自身に合ったマッチングアプリを選んで登録してみましょう。

ペアーズ

ペアーズのLP
登録者数 2,000万人
利用者の多い年代 20~30代
料金プラン 男性
  • 1ヶ月 3,700円〜
  • 3ヶ月 9,900円〜(3,300円/月〜)
  • 6ヶ月 13,800円〜(2,300円/月〜)
  • 12ヶ月 19,800円〜(1,650円/月〜)

女性
  • 無料
利用目的 恋活・婚活
セキュリティ対策
  • 金融機関でも利用されている本人認証
  • LINEやFacebookなど、他のSNSには一切投稿されない
  • ニックネームで利用できる
  • 24時間365日オペレーター常駐
  • 情報セキュリティの信頼マーク「TRUSTe認証」、適正な事業運営の証「IMS認証」を取得している
運営会社 株式会社エウレカ

登録者数2,000万人で、国内利用率No.1のマッチングアプリ。マッチング率を上げるには利用者の人数がとても大切になってきますので、マッチングアプリをこれから始めるなら、ペアーズから始めるのがおすすめです。

検索条件も豊富であることから、自分にぴったりな恋人を見つけやすいのも特徴。同じ趣味や価値観の人から探したい、という人も「コミュニティ」に登録しておけば、好みの人が見つかる可能性が高くなります。

初心者でも簡単に使えるアプリなので、どんな人にもおすすめの王道のマッチングアプリです。

タップル

タップルLP
登録者数 1,700万人
利用者の多い年代 20代
料金プラン 男性
【アプリ版】
  • 1ヶ月 4,400円~
  • 3ヶ月 10,200円~(3,400円/月)
  • 1ヶ月 4,400円~
  • 1ヶ月 4,400円~

【Webブラウザ版】
  • 1ヶ月 3,700円
  • 3ヶ月 9,600円(3,200円/月)
  • 6ヶ月 16,800円(2,800円/月)
  • 12ヶ月 26,800円(2,234円/月)

女性
  • 無料
利用目的 恋活・友達探し
セキュリティ対策
  • HDI3つ星評価のカスタマーサポートが24時間365日サポート監視
  • 本人確認が必須
  • ニックネームで利用できる
  • 悪質ユーザーの取締り
  • 情報セキュリティの信頼マーク「TRUSTe認証」取得
  • ガイドライン厳守
運営会社 株式会社タップル

主に20代の若い世代に人気のタップル。学生も多く登録していることから、真剣な恋活はもちろんのこと気軽にあって友達から始めたい人にもおすすめです。

スワイプ型のアプリで、写真をスワイプするだけで「いいね」が送れ、外見を重視して選びたい人にもぴったりなアプリ。また、同じ趣味の人と繋がれる「趣味タグ」が充実しているので、趣味が一緒の人の中から好みの相手を探すこともできます。

また、「おでかけ機能」を使うことで、最初にデートの約束をしてからマッチングすることも可能。すぐに会いたい、気軽に会いたい人にぴったりなマッチングアプリといえます。

with

with
登録者数 700万人程度
利用者の多い年代 20代
料金プラン 男性
  • 1ヶ月 3,600円/月
  • 3ヶ月 3,000円/月(一括9,000円)
  • 6ヶ月 2,217円/月/(一括13,300円)
  • 12ヶ月 1,833円〜(一括22,000円)
  • 1週間プラン※21歳以下限定 1,400円

女性
  • 無料
利用目的 恋活
セキュリティ対策
  • 24時間365日監視体制
  • ニックネームで利用できる
  • 公的証明書による本人確認が必須
  • 不正なユーザーの利用停止
  • Facebookには一切投稿されない
運営会社 株式会社エニトグループ

「価値観で出会う」をコンセプトに、心理テストや相性診断から出会いを探すことができるマッチングアプリ。内面重視で恋人を選びたい、価値観が合う人と出会いたい人には特におすすめです。

タップルと同様に主に20代のユーザーが多く、学生から社会人まで幅広く出会えるのがポイント。アプリ内では「トークアドバイス」ももらえるため、メッセージのやり取りに苦手意識がある人でも気軽に始められるのが魅力といえます。

ペアーズやタップルと比べて料金が少しだけお得なので、お金をかけすぎずに恋活を始めたい人にもぴったりなアプリです。

通話を成功させるポイントは?

通話を成功させるポイントは?

通話を成功させるポイントは主に以下の3つが挙げられます。

  • 通話時間を決めておく
  • 通話におすすめの時間は平日の20時〜22時
  • 沈黙を作らないようにあらかじめ話題を考えておく

どんなことをそれぞれ意識すれば通話が成功するのかを詳しく解説していきます。

通話時間を決めておく

通話時間を決めておくことが、通話成功には欠かせません。特に初回なら、10〜15分程度の短い時間がおすすめです。

そのため、電話に誘うときも「今から10分くらい通話できる?」と事前に通話時間を伝えて誘いましょう。最初に「10分くらい」と伝えておくことで、相手も「10分くらいならまぁいいかな」と通話を受け入れてもらいやすくなります。

もし10分以上話したい場合や会話が盛り上がったときは、相手に「このまま電話続けても大丈夫?」と一言確認を入れるようにしましょう。相手から「大丈夫」と返事がくれば、相手も通話を楽しめていることも確認できます。

あまり会話が盛り上がらなかったり、緊張してこれ以上話せなかったりする時は「10分経ったね。話せてよかった。今日はありがとう。」と通話を終了させてましょう。時間を決めていれば、違和感を残すことなく通話を終了させることもできます。

通話におすすめの時間は平日の20時〜22時

通話におすすめの時間を知っておくのも大切です。通話におすすめの時間は平日の20〜22時。なぜなら、多くの人が仕事終わりでリラックスしている時間のため、自宅にいることが多く、お互いの都合を合わせやすいからです。

休日はプライベートな予定が入っている人もいて、都合を合わせるのが難しい可能性もあります。そのため、通話に誘うなら平日にしてみましょう。

しかし、必ずしも平日がいいわけではないので、相手の予定を確認しながら通話に誘ってみてくださいね。

沈黙を作らないようにあらかじめ話題を考えておく

初めて通話をする場合、何を話せばよいのかわからず沈黙の時間ができてしまう可能性もあります。そのため、沈黙を作らないようにあらかじめ話題を考えておきましょう

沈黙になってしまって気まずい空気が流れると「相性悪いかも…」という印象を持たれてしまうことも。通話に慣れていない人ほど、先述した「通話時に好印象な話題は?盛り上がる話題を紹介」を参考に通話の話題を決めておきましょう。

スムーズに会話を進められたら自分の自信にもつながりますし、相手にも好印象を持ってもらえます。なので、事前準備はしっかりしておきましょう。

通話時の注意点

通話時の注意点

通話をする際にはいくつか注意しておくべきこともあります。それが以下の4つです。

  • 自分語りは控え、相手の話を聞く
  • 個人情報を話しすぎない
  • ネガティブな話題は避けたほうが無難
  • 通話を断られても態度を変えないようにする

どんなことに注意したらよいか、詳しく解説していきます。

自分語りは控え、相手の話を聞く

自分の話ばかりするのではなく、相手の話をよく聞くことが関係を深めていくうえで重要です。

相手の話を聞いて相槌を打って、「○○が好きなんだね」とオウム返しをすることで、相手に興味を持っていることを示すことが必要です。

「自分に興味を持ってくれたんだ」と思ってもらうことが、仲を深めるための最初の一歩でもありますので、質問をして話を掘り下げることや、「それでどうなったの?」や「もっと話を聞きたい」など、興味があることをアピールしてみましょう。

自分の話ばかりしてしまったな、という場合は、「○○さんはどう?」や「○○さんは△△が好きなんだね」と相手に話題を振ってあげることでバランスよく会話ができますよ。

個人情報を話しすぎない

通話で個人情報を話しすぎないように注意しましょう。特に会話が盛り上がってきたタイミングで、住んでいる場所や職場が特定できてしまうような情報を話してしまわないように気をつけてください

通話している人が絶対に安全だとは限らないので、趣味や休日の過ごし方など当たり障りのない会話をするのがおすすめです。

ネガティブな話題は避けたほうが無難

ネガティブな話題、例えば、仕事や人間関係の愚痴や悩み相談は控えたほうが無難です。

もちろん悩み相談から通話をしてもよいですが、そのまま愚痴を話してしまうのは避けましょう。また、悩み相談から趣味の話や出身地の話につなげていくのは難しく、相談だけで通話が終わってしまうことも。これでは、仲を深めていくきっかけになりにくいでしょう。

ネガティブな内容ばかり話していると、相手から「一緒にいても楽しくない」と思われてしまいますので、好印象を与えられません。

悩み相談や愚痴を話すのは、仲が深まってからにするのが無難です。

通話を断られても態度を変えないようにする

メッセージのやり取りが長く続いていたとしても、相手の都合によっては断られてしまうこともあります。その場合、ショックだからといって態度を変えてしまわないように気を付けてください。

通話を断られて、「脈なしだ」や「自分とは話たくないんだ」と勝手に思い込んで連絡を断ってしまったり、明らかにそっけない態度を見せてしまうとその姿がマイナスに見えてしまいます。

マイナスな印象を与えないためにも、断られたら「また時間合うときに話せたら嬉しい!」とポジティブな返信をしましょう

通話を断られることはショックかもしれません。また勇気を出して言ったのに…とふさぎこんでしまいたくなる気持ちもわかりますが、1回断られたからといって関係が終わってしまうわけではないので、次の機会を楽しみして明るい気持ちで過ごしてくださいね。

マッチングアプリの電話に関するQ&A

マッチングアプリの電話に関するQ&A

ここではマッチングアプリの通話でよくある質問をまとめました。気になる項目があればチェックし、通話に誘ってみましょう。

途中で電話を切りたくなってしまった場合はどうすれば良いですか?

無理に通話を続ける必要はないので、予定があると伝えて終電しましょう。予定があると言って断る際の例としては以下が挙げられます。

  • ごめんなさい、そろそろ眠くなったから切るね。
  • ごめんなさい、明日早いからもう寝るね。
  • ごめんなさい、これから○○に行く予定(○○する予定)だから切るね。

最初に一言「ごめんなさい」と伝えれば相手も嫌な気持ちにならないので、必ず付けるようにしましょう。おすすめなのは「明日早いから」と伝えること。相手もそれなら、と納得して通話を終了させることができるでしょう。

早めに通話を終えるときも、「電話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えてから電話を切ると印象も悪くならずに通話を終わらせることができます。

電話番号を交換しても大丈夫ですか?

電話番号は交換しないでください

特に初回の通話の際は相手が本当に安全な人かどうかわからないので、個人情報を悪用されてしまうかもしれません。

電話番号の交換は、付き合った後にするのがもっともおすすめです。

女性から誘うのはアリですか?

女性から誘うのももちもんOKです。誘う際は、「緊張するので会う前に通話してもいいですか。」と伝えれば、不自然に思われることもありません。

むしろ男性は女性から通話に誘ってもらえることを好意的に捉えていますし、印象にも残りやすいでしょう。

気になる男性がいるなら、積極的に通話に誘ってみてください

電話で緊張してしまうのですがどうすれば良いですか?

初めての相手との通話は緊張するのが当たり前です。ですが、事前に話したい話題を準備しておくと、緊張してもスムーズに会話を進めることができます

先述した「通話時に好印象な話題は?盛り上がる話題を紹介」を参考に話してみたい内容をまとめてから、通話を開始してみましょう。また、「最近あった面白いこと」「新しく始めたこと」なども通話の話題としておすすめなので、参考にしてみてください。

誰でも緊張するので、少しくらいの失敗なら落ち込まなくてOKです。「初めて通話するから緊張しちゃって」と素直に伝えることで、印象アップにつながりますよ。

関連する記事

おすすめ記事